スマホにひび…! 応急処置法!

f4c883d250d4c10f29901b6375a3ce4223922aa11415950536

スマホ破損でよく聞くのが「画面のヒビ割れ」。

手から、ズボンのポケットから、するっと地面にすべり落ち、画面がバキバキに…という経験がある人も多いのでは?

私も車のドアを閉めるときにズボンのポケットから落ちたスマホが、見事にジャストミートし画面が粉々になったことがあります(笑)

もちろん「急いで修理に持っていく」のが一番ですが、修理代は意外と高いし、各キャリアやメーカーの修理の順番が混んでいたり、仕事でなかなか時間が取れなかったりと、すぐには対処できないことも多いですよね。

そんな人のために、ヒビ割れ画面の応急処置法をご紹介します。


テープで補強してひびの広がりを抑える

まずはデータのバックアップをとりましょう。

これさえしておけば、万が一タッチ操作が効かなくなったり、ホームボタンが使えなくなったりしたときでも安心です。

画面のひびが原因でタッチ操作ができなくなった時のためにも、普段からバックアップをとるようにしましょう。

その後は幅のあるテープを貼り、しっかりと画面を固定し、それ以上ヒビが広がらないように補強しましょう。

画面に使われているガラスが割れると粒子が細かくなってしまい、そのままの状態で使うと、気づかないうちに顔や指を傷つけてしまうのでケガ防止という意味でもテープで補強しておきましょう。

また画面が欠けて中が見えているような大きなダメージのものは、そこから水滴が入ってしまう可能性があります。

そうなると、内部の基板自体をダメにしてしまうので、防水モデルであっても、水回りの近くや湿気のあるところで使用する場合は、ジップロックなどの密封型の袋に入れて使用するようにしてください。

あとは、保護シールやスマホケースを無理に外すのは避けましょう。無理に取ってしまうと、画面をゆがめてしまい、ヒビを広げてしまう原因になるので気を付けましょう。

自分のスマホはどこの機種?

iPhoneのタッチパネル側の構造は、タッチシートが液晶パネルについています。

なので、ガラスが割れていても、タッチが使えるんです。

しかし、ソニーやシャープ製のスマホの場合、ガラス側にタッチシートが付いている機種が多いので、ガラスが割れると操作ができなくなることがあります。

サムスン製もiPhoneのようにタッチシートは液晶側に付いていますが、サムスンの液晶はガラスでできていることが多いため、割れると液晶が映らなくなることも。

『あの人も同じ割れ方をしてるけど、使ってるから大丈夫だろう』と思って使い続けていたら、突然使えなくなってしまうということもありえるので、気を付けましょう。
以上の方法はあくまで応急処置です。

はやめに修理などに出すようにしましょう。