LTE使い放題の格安SIMはどこがおトクか?

キャリアより安く通信が利用できるとして人気の格安SIM。

安いものの容量に制限があるというイメージを持つ方も多いですが、

昨今では定額で容量無制限のものも登場しています。

先日、日本通信が月々1,980円で無制限に使えるSIMを発表したのも記憶に新しいところですね。

この記事では、LTE高速データ通信が無制限となる、

NTTぷらら、U-NEXT、日本通信3社の容量無制限サービスを比較していきます。

 

安定した通信と無料サービスが魅力のぷららモバイルLTE

NTTぷららが提供する「ぷららモバイルLTE」の容量無制限サービスが

「定額無制限プラン」。

データ通信のプランのみで、利用料が月額2,980円(税込)です。

通信速度が上り・下りともに3Mbpsというのが、

これから使いたいユーザーにとって「遅いのでは?」と気になる点かもしれません。

しかし、「最高で○○Mbps」とうたうベストエフォート型のサービスが混雑の際などで

最高値をはるかに下回る速度になってしまう中、

通信が安定しているという点でユーザーの根強い支持を得ているようです。

また、ユニークな無料サービスが利用できる点も特徴です。

例えば、ひかりTVが提供する映像作品が見られる「ひかりTVエントリープラン」や、

有害サイトや不審な通信をブロックする「ネットバリアベーシック」というサービスは、

ぷららのサイトから申し込むことで利用できます。

 

通話オプションが多いU-mobile

U-NEXTが提供するU-mobileの容量無制限サービスが「LTE使い放題」。

プランは、データ通信のみの「U-mobile データ専用 LTE使い放題」の

月額料金が2,480円(税別)、

通話も込みの「U-mobile 通話プラス LTE使い放題」が

月額2,980円(税別)の2種類があります。

動画やクラウドサービスを頻繁に利用することなく、

もっぱらWEBサイト閲覧やメール、メッセンジャーアプリを使いたい方なら問題なく利用できるでしょう。

加えて、子供にスマホを持たせたいと考えるなら、「ネットバリアベーシック」を導入すれば安い通信料で安全に使えるというメリットがあります。

また、容量無制限でなおかつ下り150 Mbpsで上り50 Mbpsと通信速度が速いのがセールスポイントですが、この数値はあくまで「最大」であるので注意。

混雑時では通信が遅くなることがあり、時間帯や場所で速度にばらつきが出るとの声もあがっています。

このU-mobileのサービスの特徴は、通話込みのプランのオプションが豊富なこと。

格安SIMサービスの通話プランでは珍しく、キャッチホン(月額200円/税別)、

留守番電話(月額300円/税別)、転送でんわ(月額利用料は無料で通話料金のみ)といった機能をオプションとして追加することで利用可能です。

国際電話、国際ローミングも利用できます。

U-mobileのサービスはデータ通信のみ使うより、通話込みで利用したい方に良さそうです。

データ通信を利用したいけれど電話も使う頻度が高く、

キャッチホンや留守電といった機能を使いたい場合、「U-mobile 通話プラス LTE使い放題」を選択肢として考えるという手があるでしょう。

 

リーズナブルさが話題の日本通信

12月12日に発売開始予定の「b-mobile SIM 高速定額」。

注目なのがその安さ。

データ通信のみのプランが月額1,980円(税別)、

通話も可能なプランが月額2,780円(税別)と、

消費税分を加えても無制限プランの中ではかなりリーズナブルです。

日本通信では通信速度の数値は公開していませんが、

NTTぷららやU-NEXT同様にドコモのLTE/3G網を利用しますが、

LTEの対応周波数は2100MHz/1500MHz/800MHzとなっており、

数値上はこのうち最速の1.5GHz帯で下りで最大112.5Mbpsとなります。

ただし、日本通信のサイトにある「b-mobile SIM 高速定額」のリリースには

「高画質動画等、大容量のダウンロード及びストリーミングでの連続通信については、

時間帯によって制限をかける場合があります」と記載されています。

やはり容量無制限だから好きなだけ動画が見られる、データをダウンロードできるというわけにはいかなさそうです。

サービス内容やオプションについてもさほど大きな特色はなく、

やはり他のb-mobileサービス同様、安いのがポイントでしょう。

なるべく通信料金を押さえつつも容量を制限されることなく使いたい、という方には良いかもしれません。

さて、NTTぷらら、U-NEXT、日本通信、各社の容量無制限のSIMサービスについて紹介してきましたが、

安くて容量制限なしではあるもののやはり気をつけたいポイントがあります。

容量が無制限だからこそ、混雑具合によって通信速度が左右されやすい、

または速度が制限されるということがありえます。

ネット上にも使用感を述べる人が多くいるが、そうした声にも耳を傾けてみたほうがいいでしょう。

 

LTE高速通信の容量無制限プラン3社サービス比較

U-NEXT

サービス名 U-mobile データ専用 LTE使い放題 U-mobile 通話プラス LTE使い放題
月額料金 2,480円(税別) 2,980円(税別)
音声通話 × ○(通話料:30秒あたり20円(税別))
下り最大通信速度 最大150Mbps 最大150Mbps
オプション 月額150円(税別)でSMS機能追加 ・キャッチホン:月額200円(税別)
・留守番電話:月額300円(税別)
・転送でんわ:月額使用料無料(別途、通話料金が必要)
・国際電話・国際ローミング:月額使用料無料(別途、通話料金が必要、通話料上限額5万円)
最低利用期間 なし 6カ月
違約金 なし 解約事務手数料:6000円(税別)

NTTぷらら

サービス名 定額無制限プラン b-mobile SIM 高速定額 音声付
月額料金 2,980円(税込) 3.736円(税込)
音声通話 × ○通話料:(30秒あたり20円(税別))
下り最大通信速度 3Mbps 3Mbps
オプション ・月額162円(税込)でSMS機能追加 ・SMS機能
・ネットバリアベーシック
・ひかりTVエントリープラン
・迷惑電話ストップサービス
最低利用期間 なし 6カ月
違約金 なし 最低利用期間中の解約は8.000円(不課税)

 

日本通信

サービス名 b-mobile SIM 高速定額 定額無制限プラン 音声通話プラス
月額料金 1,980円(税別) 2,780円(税別)
音声通話 × ○通話料:(30秒あたり20円(税別))
下り最大通信速度 最大112.5Mbps 最大112.5Mbps
オプション SMSが利用可能
最低利用期間 なし 4カ月
違約金 なし ・解約事務手数料:8,000円(税別)

 

自分の利用端末と通信環境、利用状況を踏まえた上で無制限のサービスがトクかどうか見極めてから導入を決めることが大切ですね。


<<格安SIMで利用料金をオトクに!!         SO-01G Xperia Z3 高価買取!!>>